Previous
Next

桜版Kimono

八村塁の初のKimonoは2021年3月21日に発売されます。このkimonoはワシントンDCの最もパワフルなアイコンの一つである桜の木が1912年に東京都から寄贈され、日米の関係のシンボルを物語っています。発売は東京とワシントンDCの桜の開花に合わせて行われます。日本人として、ワシントン・ウィザーズでプレーしている八村にとってこの木は特別な意味を持っています。

桜版着物

八村塁について

Early Years

富山県出身の八村塁は、わずか23歳としてすでに世界のスポーツ界に歴史と影響を与えてきました。13歳の時、八村は中学校の同級生からバスケットボールを紹介されて以来、振り返ることはありませんでした。仙台のバスケケットボールの強豪校の明成高等学校に入学し、八村はチームを引っ張り全国大会で3連覇を達成し、米国の大学から注目を浴びる事になりました。八村はNBAを目指す夢を達成するため、アメリカのゴンザガ大学に入学しました。ゴンザガ大では、八村は3年間キーメンバーとして活躍をし、2019 にはWCCプレーヤーオブザイヤーに選ばれ、3年生としてアメリカトップのスモールフォワードに与えられるジュリアス・アービング賞を受賞しました。

2019年6月、八村はNBAドラフトでワシントン・ウィザーズから一巡目9位の指名を受けました。日本人選手としては初の一巡目の指名の快挙となりました。八村はルーキーとして即座にチームに影響を与え、NBAオールルーキーセカンドチームに選ばれました。かつて母国では「日本の希望」と呼ばれていた八村は、自分の物語を書き続け、現在は自身のブランドの「ブラックサムライ」と提携され、日本だけではなく世界のアイコンになる道を作ってます。

Skip to content